歴史

(1)渋谷再開発促進協議会の設立

渋谷再開発協会の前身である渋谷再開発促進協議会は、昭和39年(1964年)に設立された。
記録を見ると、7月~8月頃東京オリンピック渋谷協力会の席で、「新宿には淀橋浄水場跡地の計画(西口超高層ビル)、池袋には東京拘置所跡地の計画(サンシャイン60)があるが渋谷には何もない。渋谷もきちんと計画を作らなければ副都心どころか副々都心にも負けてしまうという声が上がり設立に至ったようである。
設立総会は12月22日に渋谷松竹ビル3階の西友食堂ブローニュで行われた。司会は佐野長政氏(渋谷区役所通商友会長)、開会の辞を谷崎磯助氏(道玄坂商店街振興組合理事長)、発起人代表挨拶を宇田川常四郎氏(宮益町会代表)がした後、本会設立を必要とした理由および本日までの準備過程を並木貞人氏(渋谷地下商店会共同組合理事長)が説明、規約・事業方針・予算を承認したあと役員を選出(後述)、坂入信義氏(渋谷駅前商店会長)より閉会の辞を頂き終了した。
設立総会には、東工大教授清家清氏や坂倉準三氏も出席され、両氏はじめ、磯村英一都立大学教授、山口辰男横浜市大教授らの学識経験者には、何らかの形でご指導願いたく考えている旨が発表された。

渋谷再開発促進協議会役員(敬称略)名誉会長 石坂泰三(経団連会長)、前田義徳(日本放送協会会長)
会長 迫水久常(渋谷サービス社長)副会長 岡本政七(道玄坂町会長)、宇田川常四郎(宮益町会長)
法人団体関係より1名 理事長 五島昇(東京急行電鉄社長) 常任理事 堤清二(西武百貨店店長)、井上正忠(京王帝都電鉄専務)
渡辺義人(帝都高速度交通営団理事)、馬淵寅雄(東京急行電鉄常務)、山本宗二(東横副社長)、植村利春(宇田川町会長)
橋本次郎(桜ヶ丘町会長)、谷崎磯助(渋谷道玄坂振興組合理事長)、坂入信義(渋谷駅前商店会長)
佐野長政(渋谷区役所通商友会長)、並木貞人(渋谷地下商店会競合組合理事長)、日本放送協会1名
監事 森下政(銀行協会幹事銀行-都民銀行渋谷支店長)、小原基邦(北谷町会顧問)

(2)渋谷再開発計画’66

前回は渋谷再開発促進協議会の設立について記載いたしました。
今回は設立翌年の昭和40年から開発ビジョン研究会を10数回開催し検討した「渋谷再開発計画‘66」についてお話します。
この計画は同研究会が「渋谷再開発計画立案グループ」(代表坂倉準三氏)に委託したものです。
ここでは、渋谷の現状を以下のように分析、
(1)人の湧き出し口が集中している。
(2)渋谷はナベ底である。
(3)各施設が中心に集まりすぎている。
(4)滞在時間はわずか平均4分と少ない。
(5)道路はすべて放射状で、環状道路がない。
(6)山手線で東西が二分されている。
これを解決するために、基本となるべき以下の6項目を定めました。
(1)新しい魅力的な点をつくる。(500m、7分程度の場所に)
(2)点と点を結ぶ。(人の流れをつくる)
(3)線を輪にする。(ぐるぐる街中を回ってもらう)
(4)第三の道・・アーケードをつくる。(2階をつなげて通路に) (5)シャフトをつくる。(1階と地下、アーケードの三層をつなぐ)
(6)盛り場とオリンピック施設との調和。(異質な二者を調和させる施設がいる)
そして、新宿、池袋を結ぶ地下鉄の新設と渋谷環状線(道路)2本の新設、拠点となる4ヶ所の具体的なイメージを示しました。
渋谷再開発計画‘66は50年以上前のものですが、渋谷の現状の分析は今もそのまま当てはまります。
解決するための基本6項目のいくつかは今まさに実現しようとしていることです。新宿・池袋を結ぶ地下鉄の新設は副都心線としてようやく実現しましたが、渋谷の環状道路は未だ出来ていません。
渋谷再開発協会は50年前の先人の慧眼に敬意を表するとともに、今なお残っている課題に対処していきたいと思います。

(3)渋谷再開発促進協議会の活動

第1回は、渋谷再開発促進協議会の設立時の話、第2回は渋谷再開発計画‘66の話をした。今回は、1964年~1972年までの渋谷再開発促進協議会時代の活動の話をする。
1965年度の事業計画には、
①渋谷のあり方を研究分析する基本図形の制作
②関係行政面との折衝
③街ぐるみ明るい美化運動の実践
④街ぐるみサービス協調運動の実践
⑤多彩な商業祭と行事の合同企画と広報活動、とある。
①は開発ビジョン研究会で「渋谷再開発計画‘66作成、③④⑤は商工経済研究会で取組んだ。
特に渋谷商業祭については、当協議会が先鞭をつけ、区役所、区商連(中央ブロック)、商店街、町会、観光協会と共同主催で行うとの記述がある。渋谷商業祭は渋谷まつりという名前となり、第1回は1966年11月3日~6日に開催された。②については、行政対策事業として三副都心連絡協議会に参加、山手貨物線の旅客線転用促進請願などをしたり、渋谷区・渋谷区議会との渋谷再開発懇談会の開催、東商首都委員会主催の渋谷再開発懇談会への参加などをしている。

渋谷まつり「わんわんカーニバル」(実施結果報告書より)
目的 オリンピック記念施設と忠犬ハチ公のいる街、より親しまれる街、渋谷の観光業と商工業の振興に資する。
主催 渋谷区・渋谷区観光協会・渋谷再開発促進協議会 後援 東京商工会議所・東京都市開発促進会・JKC本部・東京都商店街連合会・渋谷区商店会連合会・忠犬ハチ公銅像維持会★わんわんカーニバル大パレード 渋谷の繁華街をほとんど網羅 観客数6万人(渋谷警察発表)★わんわんコーナー 都内有力犬業者12店の展示即売、獣医による健康相談、飼育指導★ここ掘れわんわん市(夜店)地元商店18軒によるワゴン(花車)谷幹一、古今亭志ん朝、関敬六、ジュディオングによるあゆみの箱募金サイン会。(3日間で三万二千人動員)★写真コンテスト★川柳文化祭★星と音楽の夕べ★わんわんカーニバル歌謡大行進(ビクター協賛)久保浩、田代美代子、森進一、珊瑚一、ノリロー・トリロー、晴乃ピーチク・パーチク ★民謡芸能大会★わんわん映画会★全日本チャンピオンドッグショー(JKC主催800匹参加、一万五千人動員) ★わんわんパレード(200匹が音楽隊を先頭にハチ公前に行進。2万人動員) 第2回は1967年11月1日~7日に行われ、暖かい晴天に恵まれ、チャーミング渋谷大パレードの人出は約20万人(推定)となった。
この年のジャズコンサートには渡辺貞夫(司会 大橋巨泉)歌謡ショーにはバーブ佐竹、坂本九(司会 ジェリー藤尾)が出演している。また渡辺プロの協力によるヤングメンフェストにはワイルド・ワンズ、ザ・タイガースらが出演している。その後渋谷まつりは第5回まで記録に残っている。

(4)渋谷再開発計画‘70

その後、再開発促進協議会は昭和46年(1971年)10月15日に渋谷駅を中心とした半径1kmの地域で昭和60年(1985年)を目標に五千億円の巨費を投じて3期計画で大改造し、「新都心」として再開発しようという『渋谷再開発計画’70』を発表し大きな反響を呼んだ。
これは、すり鉢状の地形の中心部にある渋谷駅をすっぽり覆う重層化した人工地盤を作り、中央に超高層のビル、交通広場、プラットホーム、ヘリポートなどの交通チャンネルを調整し、デパート・ショッピングストアの商業チャンネル、ビジネスホテル・オフィスの産業チャンネル、各種教育・集会チャンネルを有機的に結びつけた情報都市空間をつくる。

また、重層化した人工地盤を車道・人道に分け、デパート、オフィス、駅を空中遊歩道でつなぐ。そして半径1kmに商業、オフィス、文化娯楽の6拠点を開発、それぞれの機能を結合し、周辺を緑の公園とセットにしたショッピング街とするというものだった。
この計画は民間主導で実施に移されることになり、まず基盤となる地下街と地下駐車場の建設を予定した。資金は日本開発銀行等の融資のめどを付けることになり、そのため渋谷再開発促進協議会は、任意団体から公益法人(社団法人)とするため、昭和47年(1972年)5月31日、渋谷再開発協会と名称変更し、この渋谷大改造の実現を協力に推進することとした。

(5)リング道路整備の陳情

渋谷再開発協会は、いままで本コラムで触れた渋谷駅周辺の再開発計画の策定や、渋谷まつり等の活動の他に、会員の意見を取りまとめた陳情書・要望書の提出を行っていた。
内容は「渋谷駅前派出所の早期建替え」「東急本店通りの歩道の早期拡幅」「渋谷駅周辺の環境美化」「井の頭線および旧玉川線渋谷駅周辺の改善対策」等があるが、最も多く出しているのが、「円山本通りとその延長の補助53号に至る道路ならびに補助60号の早期拡幅・新設に関する陳情」で、昭和49年から昭和63年まで5回渋谷区長宛てに提出している。補助60号は東急本店から環状6号線までの道で平成25年に拡幅済である。円山本通りは、ランブリングストリートとその後呼ばれるようになった通り、「その延長の補助53号に至る道路」とは、今年竣工したアベマタワーズに近い、井の頭通りの東急ハンズ角から東急百貨店本店裏に至る部分で、渋谷再開発協会が渋谷再開発計画‘70で提案したリング道路の一部で、かつ渋谷区が昭和48年3月に発表した長期基本計画で渋谷環状1号線を構成する部分です。
昭和49年11月の陳情書には、「これにより歩行者の安全確保と車両の円滑な通行になり、渋谷の発展に寄与する」との記述が見られます。